チラシを配布したけど効果がなかった。それ本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★☆★

おはようございます!
利益アップ大作戦の的場です。

ハワイ8日目です。
最終日です。

ハワイには、いろいろなクーポンがあります。
昔はクーポンブックが主流でしたが、
最近は、ウェブやアプリのクーポンに
シフトチェンジしているようです。

取引先のお店も、
もう紙媒体はいらないかなー、
どう?
みる??
と、聞かれました。

私は、クーポンブックの方が見やすいので、
俄然クーポンブックですが、
年代によっては、アプリの方が
きっと使いやすいんでしょうね。

クーポンを使って、
今日も買い物や食事を楽しみます!

ということで、
今日も張り切っていきましょう!

「最近売上が落ちてきたな。」

さて、あなたは、どう対応していますか??

という質問をしました。

これまでに、
たくさん回答や連絡をもらっています。
ありがとうございます!

まだまだ連絡をお待ちしていますよ!

ご意見・ご要望・お問合わせなど!

さて、どう対処するべきか、ですが、

今回は、

(5)チラシを配布する

についてです。

チラシを配布することは、とてもいいことです!
しかし、ほとんどの人がチラシは効果がないと言っています。

あなたもそんな経験ありませんか?

それは、しっかりとデータを取っていないからです。
また、チラシのお客様がどの程度いるのかを
把握していないからです。

売上が好調の時には、
チラシなどは配布していない場合が多いです。

オープンの際に大々的に宣伝をして、
それをきっかけにお客様が増え、売上が伸び、
3ヶ月、半年、1年と経つうちにどんどんと売上が下がって来ます。

毎月のように下がってくる売上に、
危機感を感じ、チラシを巻きます。

例えば、、、
20万円のチラシを撒いたとします。

そのチラシによって、
どのぐらい売上が伸びたか?

あなたはどのように計算していますか?

3月が100万だった売上が、
今月は115万になった。

データを取らずに、
売上だけで関している経営者の場合、
大抵このような計算をします。

上記の場合は、

・売上が15万増えた。

・20万円の広告費なので、

・5万円の赤字

こんな考え方をする経営者がいます。

それ、本当にあってますか??

3月に100万円の売上のお店は、
何もしなかったら、今月も同じ売上があったのでしょうか?

売上が下がって来ているので、
何か対応しようと思い、
チラシを撒いたはずです。

であるならば、3月100万ならば、
今月はどのぐらいかはわからないですが、
下がっているはずです。

毎月の売上推移を折れ線グラフにすれば、
今月どのぐらい減るのかがわかるはずです。

それが、本来の今月の売上です。

業種によって多少は異なるかもしれません。
月によって売上が変わるのは、当然です。
前年比で計算すれば、さらに正確になります。

3月の売上、
前年の3月と比較する。

10月の売上は、
前年の10月を比較する。

とことです。当たり前ですよね。

では、どうやって計算するのか。
やってみましょう。

今年と、昨年の1月・2月・3月の売上割合を計算する。
(この数字は12ヶ月間あれば、とても正確です)

例えば、

昨年1月 100万
昨年2月 80万
昨年3月 100万
昨年4月 120万

今年1月 90万
今年2月 60万
今年3月 90万
今年4月 いくら??

だとします。(計算しやすいようにしてます)

今年の売上の割合は
前年比
1月 10%
2月 25%
3月 10%

ダウンとなります。
これを平均すると15%ダウンです。

昨年の4月が120万なので、
15%ダウンは、18万円ダウンということになります。

つまり、102万円が
何もしなかった場合の、4月の売上です。

昨年120万円だった売上が
チラシを撒いて115万になった場合。

上記を踏まえて計算してみます。

本来なら、先日の通り、
今年の4月は102万の売上だったことになります。

それが、チラシの効果により、
115万になったことになります。

つまり、13万円の売上が伸びたことになります。

広告費は20万円です。

おいおい、
やっぱり、足りないじゃないかよ
と思ったあなた。

まだ続きがあります。

あなたのお店のお客様は、
再来店してくれますよね?
(再来店向上についてはHP参照)

もし仮に、再来店が半分だとして、
(そんなに低くないかもしれませんが、
計算いやすいように半分にします)

13万円分のお客様の半分が再来店します。
つまり
6万5千円が、さらに売上に足されます。

そして、そのお客様の再来店率が半分だとすると、
32500円の売上が足されます。

13万+6万5千円+3万2500円
=22万7500円

赤字だと思っていたチラシが、
本当は黒字だった可能性があります。

さらに、一定期間内に、3回来店していれば、
常連客になる可能性が非常に高いです。

32500円は、
今後もずっと続いていく可能性が高い
常連客の売上になります。

チラシ自体の配布はとてもいいのですが、
データの取り間違え・計算違いがとても多いです。

そして、地域・業種によっては、
チラシはチラシでも、

・ポスティングが良いのか、
・新聞折込が良いのか、
・情報誌が良いのか、

調べる必要があります。

まずは、今日学んだことを意識して
正しいデータの使い方を実践して見てください。

最初は少量でも構いません。
着実に売上を伸ばしていきましょう!

次回も、順番に、

(6)内装をかっこよくする

(7)店前看板を変える(新設する)

についてお話しします。

まだまだ回答を受け付けます!

ご意見・ご要望・お問合わせなど!

毎月実践報告をしてくれている方たちは、
メルマガを読みながら実践して、
着実に利益アップしています。

がんばりましょう!
あなたならできる!

I know you can do it!

========================

超簡単!読んだら5分後にスタート出来る「利益アップ作戦」

実証済み!即日効果発揮!

あなたも売上20%アップしてください!

【すぐできる!作戦その1】 効果抜群!店内ポップの書き方
【すぐできる!作戦その2】 お店に入りたくなる!店前看板の書き方
【すぐできる!作戦その3】 チラシの来店率が2倍になる!チラシの書き方

上記、3つの作戦のPDFレポート全20ページを無料でお届けいたします。

まずは実践して、あなたのお店で利益を出してください!
その利益で、様々な勉強や広告を増やしてください。
そのためにまずはあなたへ私できる最大のサービスを無料で提供します!!

ただし、無料ですが、一つだけお願いがあります。
読み終わったら、すぐ行動してください!

そうすれば、すぐに結果が出るはずです。

なぜなら、上記3つの方法は、ほとんど費用がかかりません。
あなたが、行動するだけです。

難しいことは、ありません。
考えてはいけません(笑)
言われたことを愚直にやってみてください。

スポーツと同じです。
思い出してください。

泳ぎ方を習うとき、泳ぎ方をみたり、説明は聞きますが
頭でいくら考えてみても、実際に泳いでみると、
全くできないってことありませんか?

一生懸命やっても、泳ぐことができず、
ビデオを撮ってもらって、自分の泳ぎを確認してみると、
なるほど、ここが違うなってわかることありませんか?

商売も同じです!
(商売の成功者は、スポーツ経験者が多いとも言われています)

まずはやってみることが大切です。
やってみて、前後でどのような変化があったのか、
を知ることも大切です。

そして、やってみればデータが出るはずです。
やる前、やった後、何が変わったのか、変わらなかったのか。

データを見ることで、自分に必要なことが見えてきます。
自分ではわからない場合でも、安心してください!

そのデータを送ってもらえれば、会員様限定で無料相談を承ります!
(一ヶ月3回まで)
必ず返信いたします。

無料PDFレポートだけではありません。
あなたのビジネスに役立つ「利益アップ大作戦」をメルマガで無料配信します。

今すぐ、メールアドレスを入力して、PDFレポートをゲットしてください。

利益アップ作戦をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*