「利益アップ!」繁忙期と閑散期の関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!的場です。

毎日のように雨が降り、気温も下がり
梅雨を感じてしましますね。

 

 

お盆も終わり、昨日から通常通りの
リズムで生活をしている人も多いのではないでしょうか?

 

座れるかと思っていた電車に
たくさん人が乗っていると、
休みが終わったなーと感じてしまいます(笑)

 

雨にも負けず、
今日も張り切っていきましょう!

 

お盆が忙しい人、

お盆が暇な人、

両極端な時期ではないでしょうか?

 

このふたパターンの人が、
同じようにお店を経営していたら、
それってどう思いますか??

 

お盆が忙しい人は、
この時期は何も販促しなくても
お客さんがたくさん来るので
とりあえずこなせるように、
忙しいけどがんばろう!

 

お盆が暇な人は、
この時期はお客さんが少ないから、
チラシやネット広告を
いつもより多めにして
お客さんが来るようにがんばろう!

 

皆さんどうでしょうか?
ほとんどの皆さんは
どちらかのパターンに当てはまっているのではないでしょうか?

 

ここでの大切なポイントは、
・忙しい時には広告をしない
・暇な時にこそ広告をする
という、経営者の考え方です。

 

これって、普通に聞けば
当たり前じゃない?って思うと思います。

 

年間を通じて、平均的に
お客様が来店してもらえるように
行動する。

 

何がいけないの?

 

 

そう思った方、あなたは商売が
繁盛するチャンスを持っています!

 

なぜなら、その考えが間違っている。
逆転の発想をすれば一気に利益が残るからです!

 

えっ?えっ??どういうこと?
と思っている方に、消費者理論を説明します。

 

繁忙期にお客さんがたくさん来るのは、
その時期に、その商品をお客様が求めているからです。

 

夏にお中元を買う。

クリスマスに、クリスマスケーキを買う。

 

当たり前ですよね?

 

暑い夏にかき氷を食べる。

寒い冬にかき氷を食べる。

 

どちらにニーズがありますか??

 

夏に水着やビーチパラソルは
飛ぶように売れますが、

冬に水着やパラソルを売るのは
難しくないですか?

 

そうなんです。

 

あなたの商売の閑散期に、
商品を売るのはとても難しいのです。

 

その難しい時期に、いつもと同じように
売ろうとするから難しいのです。

 

逆に繁忙期に、あなたの商品を宣伝すれば、
いつも以上に飛ぶように商品が売れます。

しかも、簡単に。

 

 

あなたはどちらを選びますか?

 

 

少しの宣伝でも繁忙期なら、反応率は非常に高いです。

たくさん宣伝をしても閑散期なら、反応率は低いです。

当たり前のことじゃないですか?

 

 

繁忙期に、人を雇ってでも稼ぐ!

 

これを実践してみてください。
閑散期には積極的に休みを取ったり、
お店を休んだり、社員のために使ってください。

 

休むことは悪いことではありません!

需要と供給。バランスが大切です。

 

あなたなら出来る!
I know you can do it!

 

 

超簡単!読んだら5分後にスタート出来る「利益アップ作戦」

実証済み!即日効果発揮!

あなたも売上20%アップしてください!

【すぐできる!作戦その1】 効果抜群!店内ポップの書き方
【すぐできる!作戦その2】 お店に入りたくなる!店前看板の書き方
【すぐできる!作戦その3】 チラシの来店率が2倍になる!チラシの書き方

上記、3つの作戦のPDFレポート全20ページを無料でお届けいたします。

まずは実践して、あなたのお店で利益を出してください!
その利益で、様々な勉強や広告を増やしてください。
そのためにまずはあなたへ私できる最大のサービスを無料で提供します!!

ただし、無料ですが、一つだけお願いがあります。
読み終わったら、すぐ行動してください!

そうすれば、すぐに結果が出るはずです。

なぜなら、上記3つの方法は、ほとんど費用がかかりません。
あなたが、行動するだけです。

難しいことは、ありません。
考えてはいけません(笑)
言われたことを愚直にやってみてください。

スポーツと同じです。
思い出してください。

泳ぎ方を習うとき、泳ぎ方をみたり、説明は聞きますが
頭でいくら考えてみても、実際に泳いでみると、
全くできないってことありませんか?

一生懸命やっても、泳ぐことができず、
ビデオを撮ってもらって、自分の泳ぎを確認してみると、
なるほど、ここが違うなってわかることありませんか?

商売も同じです!
(商売の成功者は、スポーツ経験者が多いとも言われています)

まずはやってみることが大切です。
やってみて、前後でどのような変化があったのか、
を知ることも大切です。

そして、やってみればデータが出るはずです。
やる前、やった後、何が変わったのか、変わらなかったのか。

データを見ることで、自分に必要なことが見えてきます。
自分ではわからない場合でも、安心してください!

そのデータを送ってもらえれば、会員様限定で無料相談を承ります!
(一ヶ月3回まで)
必ず返信いたします。

無料PDFレポートだけではありません。
あなたのビジネスに役立つ「利益アップ大作戦」をメルマガで無料配信します。

今すぐ、メールアドレスを入力して、PDFレポートをゲットしてください。

利益アップ作戦をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*